読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウェルスクラブの日記

日々の最新情報をお伝えします。

今年は日本で1万人が、マルチプライヤを利用します。

2015年4月に、アメリカで始まったウェルスジェネレータのフィナンシャルフィットネスサービスの利用者は、本日(2017年4月26日)の地点で、10万4,500人を超えました。

確実に世界中に広がっています。しかし、日本国内では、まだ購読利用者はいません。

このサービスを購読している人は、自分だけが金儲けしようと考えて、サービスを利用しているのではありません。

自国の経済力を上げるために、このフィナンシャルサービスを学んでいます。

このエネルギーが、爆発的に広がる要因となっています。

日本では、お金を儲けることは、悪のように、教育されて来ました。

しかし、海外は、全く違います。お金を稼ぐことが、自国のためになることを知っています。

FXマルチプライヤ2.0に、最初に登録した人は、マレーシアの25歳の男性でした。

いち早く情報をキャッチして、掴みました。

マレーシアは、イスラム金融の中心と言われおり、その市場規模は、拡大しています。

イスラム同族の数は、16億人と言われており、中国の人口より多いので、今後イスラム教徒の世界経済への影響力はバカにできません。

現在、日本では、マイナス金利の状況の中「お金を生む資産」への投資・運用先が模索されております。相続税の課税強化、増えない賃金、株価の不透明感、高齢化が進み先行きの見え
ない年金等、種々将来の課題が立ちふさがる中、資金・資産の運用で、「資産運用しない」ことがリスクになる時代です。

FX投資(外国為替証拠金取引)は、個人レベルで行える最適な資産運用と言えます。不動産投資とは違い巨額な資金は必要ありません。

FX投資は、危険と考える人が非常に多いです。素人が手を出して運用できるものではないからです。素人の90%の人が90日以内に90%の財産を失うというデータがあり、危険と考える人が増えました。

そうであれば、

なぜ1日に600兆円ものお金が未だ動いているのでしょうか?

それは、5%の人たちだけは、お金が自分たちのために働かせる方法を知っているからです。

わずか5%の中の機関投資家たちは、FXアルゴリズムを使って、FX投資を行っています。そして確実に複利のパワーで、資産を増やしています。

FXアルゴリズムは、市場予測を行いません。また人間のように、感情を持ちませんので、完全なリスク管理の下でトレードを行うことが可能なテクノロジーです。そこに、FXは、複利のパワーも利用できます。

複利のパワーとは、月4%の複利で、10万円を10年間運用すれば、1,100万円になります。

わずか10万円が、1,100万円です。

しかし、、FXアルゴリズムの利用は、今までは、数億円の投資が可能な機関投資家だけのものでした。

ウェルスジェネレータは、10万人の購読利用者を持つ会社です。ついに、個人レベルでのFXアルゴリズムトレードを可能にしました。そのひとつが、FXマルチプライヤ2.0です。

それでは、

FXマルチプライヤ2.0をご説明します。

FXマルチプライヤ2.0は、サブスクリプションベース(月額支払いの購読ベース)で利用します。毎月の購読料で、利用できます。

FXマルチプライヤ2.0のテクノロジーは、FXアルゴリズムトレードです。

FXは、通常、ある通貨の強さを別の通貨との比率を予測します。

しかし、FXマルチプライヤ2.0は、市場予測を試みることはありません。

単純に市場で戦略的に位置付けられたトレードに対してのみ、パフォーマンスベースのアルゴリズムに依存するだけです。

通常数億円の投資が出来る機関投資家のみが利用できるテクノロジーでもありました。

ウェルスジェネレータは、2年間のテストを行い、今年、機関投資家向けアルゴリズムトレードを個人でも独占的に利用可能にし、今爆発的に、世界中に広がっています。

FXアルゴリズムトレードの設定は、FX口座を開設し、リンクさせることと同じくらい簡単です。

FXマルチプライヤ2.0は、最低500ドルから投資可能です。

人間の相互作用や感情に左右されませんので、安全にリスク管理が行えます。

注意;過去の実績は、将来の運用成績を保証するものではありません。

このFXマルチプライヤ2.0は、英語と日本語で利用できます。中国語はありません。

日本経済のために、是非購読利用してください。

FXマルチプライヤ2.0を利用したFX投資は、最低500ドルから利用できます。
そして、3人の方をアフィリエイトすれば、自身の月額購読料は、無料です。
今年中に、日本だけで1万人が活用することになるでしょう。

アジアやアフリカ、ロシア、ヨーロッパでも拡大していますので、今の数倍に膨れあがることは間違いありません。