読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウェルスクラブの日記

日々の最新情報をお伝えします。

アイデアのちから

これは、私の友人の友人の話だ。仮に彼を健と呼ぼう。

健はよく出張に行く。

このあいだも顧客との重要な打ち合わせのため神戸に出向いた。

仕事を終え、帰りの予約した飛行機まで時間があったので、

東門街のバーで一杯飲むことにした。

ちょうど一杯飲み終えたとき、魅力的な女性が近づいてきた。

「もう一杯いかが?ごちそうするわ」

ちょっと驚いたが悪い気はしない。「いいね」と答えた。

女性は、バーコーナーに行き、飲み物を二杯持ってきた。

一杯は自分がとり、一杯を健に差し出す。健はお礼を言うと

グラスに口をつけた。記憶はそこで終わり。

いや正確には、目を覚ますまでの記憶が飛んでいるのだ。

目覚めたとき、健はホテルの風呂の中で氷水に浸っていた。

頭が混乱している。

健は慌ててあたりを見回した。ここはどこだ?

いったいなぜ、

こんなところにいるんだろう?そのとき、一枚のメモに気づいた。

「動くな。救急車を呼べ」

風呂のそばの小さなテーブルの上に、携帯電話が置かれていた。

健は、かじかんだ指で不器用に一一九番をプッシュした。交換手は

奇妙なことに。彼が置かれた状況を熟知しているようだった。

「いいですか、ゆっくりと気をつけながら背中に手を回してみてください。

腰のあたりからチューブが出ていませんか?」

健は不安に駆られながら、腰のあたりを手探りした。確かに、チューブが
突き出ている。

交換手は言った。

「落ちついて聞いてください。あなたは腎臓を一つ取られたのです。この町で
暗躍する臓器狩り組織の犯行ですね。今、救急車がそちらに向かっています。
動かずに待っていてください。」

健は、これから大変です。

しばらく、働くことができませんし、動くことも出来ません。

預貯金は、少し、しかし、宝石や金を持っていましたので、ネットで見積もりしてもらい、

宅配買取してもらいました。

このお店は、東京都公安委員会認定店舗で、成約率がなんと95%です。

見積もりも無料ですから、安心して相談ができます。

リファウンデーションは他社と異なり、
オンラインで商品の内容を入力するだけで簡単に見積もりしてくれます♪

鑑定書を用意してリファウンデーションの公式サイトから、
色や傷の状態・購入時期などを入力しするだけで
最短2分ほどで大体の見積金額を教えてくれるんです☆

そのだいたいの見積金額を知ってから、
改めて宅配買取に申しこめばよいので安心ですよね。

オンライン簡単見積もりは、リファウンデーションだけです☆

 ダイヤモンドやジュエリーのオンライン簡単見積もりは、
リファウンデーションの公式サイトからどうぞ☆

B01D0PJQCO